投資をするなら新築アパートがベスト|人気の方法

様々なことの考慮も

事前借り入れを大切に

つみき

新築アパートに投資して家賃収入を得る人は、とても多いです。そのため、銀行の融資条件が緩い時は、不動産投資がとても盛んになります。また、新築アパートは価格が手ごろで、多くの人が投資をしています。新築アパートなどの不動産投資をする時は、必要経費になるものの確認が必要です。必要経費を計上することで、節税できます。新築アパートに投資をする時は、印紙税や登録免許税や不動産取得税が必要経費になります。アパートローンの支払い利息も必要経費にできます。仲介手数料や広告料や管理費なども必要経費になります。不動産投資はキャッシュフローを意識することが重要で、借入期間の選択がとても大切です。長期の借入をすることで、キャッシュフローが回りやすくなります。キャッシュフローが上手く回りますと、二棟目、三棟目の借入が容易になり、資産運用の成功率が高まります。しかし、キャッシュフローがマイナスの物件を抱えていますと、他の金融機関からの融資も難しくなってしまいます。そうしたことを避けるために、長期の借入をする必要があります。不動産投資をする時は、リスクに備える必要があります。そのため、火災保険に加入することは、リスク管理上とても大切です。火災保険には様々な特約もあります。また、どの特約に入るかは、物件ごとに決める必要もあります。地震が多い日本では、不動産投資をする時に地盤のことを考慮する必要があります。地盤の確認をする時は、その場所が過去にどのような場所であったかの確認をすることが大切です。

素人でも可能

アパート

新築アパートに投資をし、アパート経営をするメリットは収入がゼロになる可能性が大幅に低くなることです。アパート経営をするとなると、自動的に複数の収益物件を所有することになり、すべての収益物件、つまり部屋に入居者がいないということは考えにくくなります。従って、アパート投資自体が収入がゼロになる可能性が低いのですが、すべてにおいて新しい新築アパートでしたら人気が高いので、更に可能性が低くなるというわけです。新築アパート投資には多額の資金が必要となりますので、新築アパート投資は資産家が行っているイメージがあるかもしれませんが、必ずしも、そうではないのです。なぜなら、新築アパートに投資をする際には、ローンを利用することができるからです。実際、新築アパートに投資をしている人の多くはローンを利用していますし、家賃収入でローンを返済していくというのが一般的なやり方となっています。アパート経営が素人に務まるのかというのも新築アパート投資で不安視されることですが、それも問題ないと言えます。アパート経営を投資家自ら行っていることもありますが、それは稀であって、多くの場合は賃貸管理会社に業務委託しています。賃貸管理会社は建物や敷地、入居者の管理全般を請け負いますし、更には入居者の募集まで請け負います。従って、賃貸管理会社に業務委託してしまえば、手間いらずとなりますから、素人でも十分にアパート経営は行えるのです。

成功の秘訣とは

紙幣と硬貨

マンション経営をする場合、収益の見込みを満室経営時の7割から8割程度に見ておくとよいです。この収入の中で管理費や修繕積立金、税金、修繕費用、ローン返済分などを支払うことができていければ、マンション経営で失敗することはほとんどありません。マンション経営は長期スタンスで行うべきものです。この長い期間の中では、空室も当然発生しますし、予期せぬ災害が起きることもあり得ます。このような自体が発生し、万が一、収入がなくなっても、数ヶ月間は耐えられるくらいのキャッシュを手元に残しておくことも大切です。新たな投資物件を購入しようとする場合や、他の投資商品を購入しようとする場合でも、少なくとも1年分の経費やローン返済分にあたるキャッシュは残しておくようにしましょう。また、収入をできるだけ確実なものにするために、立地にこだわっておく必要があります。通勤や通学に便利であるか、物件の周囲にスーパーポイントやドラッグストアなどといった日用品を購入することができる場所があるか、騒音や匂いなどが気にならない場所であるか、ということをチェックしておくことが重要です。不動産を売買する際には、諸経費が物件価格の5%から7%程度かかります。購入した物件が気に入らないからといって、短期間で入れ替えるというのは諸経費ばかりかかってしまうので、賢い選択とは言えません。そのため、マンション経営を始める際には、慎重に物件を選びましょう。