投資をするなら新築アパートがベスト|人気の方法

都市型の不動産経営

購入と運営のテクニック

硬貨に集まる人

これからも人口が着実に増え続ける、都市部で投資対象を絞り込むのが、家賃収入と売却益の両方を確保するコツです。グレードの高さにこだわって物件を選びたいときには、入居者募集もスムーズに行える、新築アパートが最適です。地域を問わずに新築アパートへのニーズはとても大きいので、建物が完成した直後から、稼働率100パーセントが実現できるでしょう。しかし投資を始めてから10年以上が経過しても、高い稼働率を維持し続けるためには、駅前の物件の中から選ぶべきです。そして新築アパートを購入するときには、事前に経営のコンセプトを明確にしたり、入居者募集の戦略を考えることも重要です。通勤に便利な地域であれば、満室状態を維持することも容易ですが、学生やシングル女性に特化した物件は将来的にも有望です。また良い入居者を確保することに、全力で取り組んでいるオーナーが興味を持つのは、大手企業との法人契約です。収入の多い大手企業の会社員を、入居者として迎え入れることが、高い投資効率と安定した収益を達成する秘訣です。しかし新築アパートは想定利回りが5パーセント前後なので、収益性を高めるためには、コスト削減などの経営努力も必要です。賃貸管理会社と契約して、アパート経営を行っているオーナーも多いですが、手数料が割安な業者を選ぶのがこれからの課題です。資金調達のルートを確保して、積極的にアパート投資を行うことが、専業の賃貸経営者としての成功に結び付くでしょう。

新築のメリット

男女

不動産を対象にした投資を行う場合、アパート経営は人気の一つです。現在、サイドビジネスとしてアパート経営は需要があり、管理会社にアパートの全般的な管理を任せておけば、その後は貸借人が入居することで収入を得ることが可能です。この投資を始める場合、新築アパートか中古かの選択をすることになります。両方に利点はありますが、アパート経営の経験がないならば、新築アパートを選択したほうが堅実といえます。アパート経営において不可欠なのは、設備のメンテナンスです。仮に設備に欠損があった時、いち早く改善しないと、契約をした貸借人が解約する可能性があるからです。中古アパートで投資をする場合、経年劣化の状態にある確率は高く、安い価格で取得できたとしてもさまざまな部分を修繕することを考慮する必要があります。そのため、新築アパートの値段と大差ない結果になることがあります。新築アパートで投資を始める場合、このようなリスクが起こることは圧倒的に少ないです。設備が新しいため、建物の耐震構造なども優れていたり、外観や環境もきれいに整備されているため、入居者の人気も得やすいです。中古アパートよりも若干値段が高くなりますが、そのようなデメリットを上回るメリットが新築アパートにはあります。そのため、初心者でアパート経営に精通していない場合は、新築アパートを投資対象にしたほうが失敗は低く抑えられ、成功の確率が高まるといえます。

投資する際の心得

積み木と紙幣

マンション経営を始めようと決意したのであれば、まずは投資シミュレーションをしてみましょう。投資シミュレーションといっても難しく考えることはありません。どれくらいの家賃を希望し、毎月どれくらいの経費がかかるのかを把握する程度です。但し、この投資シミュレーションはとても重要な意味を持ちます。特にローンを組んでマンション経営をする際には大きな効果を発揮します。なぜならば、ローンを組んだ場合、お金の流れと収益の流れが異なってくるからです。投資シミュレーションをする際には、お金の流れの方に着目をする必要があります。想定家賃から毎月の経費及びローンを組んだ場合の返済額を差し引いて、手元にお金が残るようであれば、そのシミュレーションに基づいてマンション経営を始めましょう。なお、マンション経営における毎月の諸経費は家賃収入の2割から3割と見積もっておきましょう。次に行うべきことは物件探しです。シミュレーション通りの収入が得られる物件を探しましょう。但し、この時に空室リスクについても検討しておく必要があります。利回りが高い物件でも入居者がいなければ収入が発生しないからです。条件に合う物件を見つけたらいよいよ買付申込書を提出する事になります。買付申込書を提出し、売主と合意出来たら、手付を支払います。手付金は物件価格の5%程度です。すぐに支払いができるように準備しておきましょう。また、成約に至った場合、登記費用や仲介手数料なども支払うことになります。これらの費用は物件価格の7%か10%と見積もっておきましょう。