投資をするなら新築アパートがベスト|人気の方法

不動産関連の運用について

不動産関連運用の仕組み

ウーマン

不動産関連の運用として、新築アパートの投資の仕組みを紹介していきます。新築アパートは既存物件と違いがあります。新築アパートでは、入居者のニーズを想定して土地の形状や駅から近いなどの好立地な場所に立てるなど、条件を予算に合わせて決めることが可能なのです。そして、土地、物件を購入し、物件が完成したのち、賃貸マンション・アパートを入居予定者に紹介している、いわゆる仲介業者に依頼をします。入居者からの賃貸契約が完了すると、新築アパート投資の収益の一つである家賃収入を得ることができます。家賃収入は当然、部屋の規模や施設、立地条件、空室率の低さが大きく影響します。しかし、一般的に物件購入価格の5%から10%の利回りを得ることが可能です。仮に利回りが5%とすると、単純計算で20年経過後に家賃総額で物件購入価格分を回収することができます。また、新築不動産は一般的に60〜80年保つことができると言われているのです。そのため、如何に新築アパートの投資が効率的であるかがわかるでしょう。長い期間物件の状態を維持するためには、当然修繕費が必要です。しかし、新築アパートの場合は、既存の中古アパートと違い、最初の数年はほとんどかからない場合が多いです。また、もう一つの新築アパート投資収益として物件売却利益があります。国内の不動産は経済状況等様々な要因を元に算出している不動産指数というものがあります。これは、一般的に指数が高ければ首都圏の物件は物件価値が上がりやすくなります。それにより、購入価格よりも高い価格で売却できれば、その分利益として得ることが可能です。

販売会社をしっかりと選ぶ

木のブロック

毎月安定した家賃収入を得られるのが、新築アパート投資の魅力です。リバレッジを効かせることで自己資金以上の投資ができ、スムーズな資産形成に導いてくれるのも魅力的。さらに毎月の家賃収入は年金感覚で受け取れるため、若い方から高齢の方まで幅広く新築アパート投資を行っています。しかし、株式投資より敷居が高く、新築アパート購入に躊躇されている方も多いでしょう。でもご安心を。ポイントさえ押さえれば、新築アパート投資は非常に簡単です。新築アパート投資の仕組みは、販売会社の選別・土地購入・建物建設・客付け・入居者への対応・物件管理の6つのポイントで成り立っています。この中で最も重要なのが販売会社の選別です。というのも、その後の5つのポイントは販売会社が全て行ってくれるため。どの販売会社を選ぶかで、新築アパート投資が成功するかが決まります。そして、販売会社を選ぶ際には、土地購入から物件管理までの5つのポイントを比較しさえすれば良いだけ。最寄り駅から徒歩10分以内の土地だけを扱っているか、トレンドを押さえた入居者に喜ばれる建物プランを提案してくれるか、入居率は97%以上を維持しているか、滞納に対する対応は迅速か、リフォームやリノベーションにも強いかを比較しましょう。このポイントを全て備えた販売会社を選択すれば、後は全て販売会社に丸投げでも構いません。新築アパート投資が仕事を持つサラリーマンや個人事業主に適していると言われるのは、販売会社が全面的にサポートしてくれるためです。心より信頼できる販売会社をパートナーに選び、あなたも立派な不動産投資家になられてはいかがでしょうか。

価格だけで選ばずに

模型と図面

マンション経営は安定収入を確保できる手段として人気がありますが、マンションであれば何でもよいというわけではありません。選ぶべき物件によって、マンション経営の収益は大きく変わってきます。マンション経営の初心者の中には、投下資金をできるだけ抑えて、大きな収益を狙おうとしている人も少なくありません。しかし、安くて高利回りな物件は、購入後に空室や滞納で苦しむ可能性があります。安定的な収入を確保するためにマンション経営をするのであれば、保有すべき物件は人口が増加している大都市の中心でなければなりません。現在、大都市の中心部は再開発が盛んに行われており、年々利便性が増しています。また、観光客を意識して、注目スポットもどんどん作られています。これらの周りには魅力的な飲食店や雑貨店、お土産物屋等が集まり、さらに賑わいを生んでいます。このようなエリアであれば、働く人もどんどん流れ込んできます。そのため、空室になってもすぐに次の入居者が決まりやすいのです。常に入居者が確保できている収益物件は資産価値も落ちません。なぜならば、収益物件の資産価値は賃貸収益をベースにして計算されるからです。また、インフレーションが起きた時にも、真っ先に価格が上昇していきます。マンション経営の入り口で選ぶべき物件を間違えると、これらの恩恵を半分も享受できません。少々高くても、大都市の中心部になる物件を選んでマンション経営を始めましょう。